世紀末メモ


  【音楽について】


元気のいいブタが猪なのではない
猫が小さなトラではないように
詞よりも先に曲がある
そういう歌には
初めから言いたいことが何もない
音程は高く ヒステリックに
テンポは早く アクロバティックに
大いなる無意味を叫んでいるだけだ
他人の音楽は
しばしば不快に聞こえる

真空の静寂の中でこそ
音は激しく希求される
ありきたりの雑音にまみれているうちは
まだ音楽ではない
原始地球を洗う豪雨のような
せめて一途な騒音を





  【古典について】

<古典が分かれば現代も分かる>とエッセイストが
『平家物語』における<諸行無常>の新しい解釈を
現代に示している

もしかしたら現代が分からないから
古典も分からないのではないか
『源氏物語』が二十世紀の教養になってしまったりするのは
そのへんに原因がありそうだ


時代に合いそうな遺産を取り出しては埃を払い
磨いては意味をこじつける
いや解釈する
『ノストラダムスの大予言』のようで
しばし新しい
期限つきの味わいであ