世紀末辞書



《みんな》
「みな」の撥音便。主流を装うために他者を無視し、自身の責任を
無化しようとする身勝手な括り方。
[用例]
<そういう法律を作らなければならない国の流れでは。これは国民
みんなの責任です>(
[用例解説]
いかにも元オリンピック選手らしい、チームワークを第一とする体
育会系のノリである。制度上の、あるいは仕組まれた多数派に流れ
る、無個性で無責任な個人の言い訳の典型。

《訂正》
誤りを正すこと。
[用例=国旗国歌法訂正案]
<国歌>部分<別記第二 君が代の歌詞及び楽曲>の<二 楽曲>
の楽譜に<林広守 作曲>とあるのを左記の通り訂正する。
 薩摩藩音楽教師・フェントン(英国人)作曲、宮内省式部寮・林
廣守修正、海軍省音楽教師・フランツ・エッケルト(ドイツ人)編
曲、さらなる何者らかによるその改訂版と伝えられる曲。

《改正》
より正しいものに改めること。
[用例=国旗国歌法改正案]
<国旗>の色指定を、左記の通り改正する。
 白地に血の色とする。ただし、白地に白色とすることもできる。

《修整》
つごうの悪い点を整え直すこと。
[用例=住民基本台帳法修整案]
いわゆる国民総背番号化に関し、我が国の実情に鑑みて左記の通り
<みんな>における例外を認めることとする。
一、政治家とその家族および親戚・友人知人関係にある者。
二、住所不定もしくはホームレスの者。

国旗国歌法案成立後の橋本聖子議員談話(東京新聞・一九九九年八月十三日朝刊)