米に関する武勇伝

むかしむかし有力者の息子は
生まれた時から常にリーダーであることを望まれていた
まずは手習いに村一番のガキ大将となり
栄養に見合った体格と腕力において恐れられた

親戚の英治さんは
勉強は嫌いだが長距離走は得意
けれけども完走するほどの生真面目さはなくて
スタート直後から群を抜いてはコースを外れ
昼寝を決めこんだ
それでも裏道に詳しい英治さんは一番で
学校に戻ってきたという
それを<インチキ>とは言うまい

あるとき村一番のガキ大将と対立した彼は
相手の家に連日通いつめ
息子の強さを見て喜ぶ家族の観戦のもと
ボクシングの試合をしたのである
負けても負けても通い続け
八日目に始めて相手を打ち負かした
すると「もう、来ないでくれ・・・」
と何升かの米をむりやり持たされたというのだが
初めから米が目当てであったかも知れない

勝ち続ける男ほど
おろかで無謀な人間はいない
ガキ大将はのちに村長となるが
さほどの悪事は働かなかったようである