星を撃つ

 

小向という町から遥か赤道上空を望む

激しい速度で留まる人工の星に

肉の耳目を傾ける

<旅する波のしんくうかん>

その胸の真空に電子の火を灯し   

パラボラから星を撃つ

 撃てば応える

人の息吹が世界のホルンを響かせる

歪曲と錯誤の増幅を論理回路が否定する

沈黙の宇宙を経由して時の震えはやって来る

声は壁を越えた

映像が距離を出し抜いた


学名のヒトが寄り添う人になるまでに

あと幾つの星が尽きていくだろう

近すぎて見えない地球を知るために空を向く

<星を撃つ>という言葉に込めた緊張と

働く人の真摯な汗の方へ


足もとで天然の星が傾いている