鈴木茂夫詩集

 『星を撃つ』  目次

斧について   

花と戦車

胃袋を裏返す

海鵜にしてみれば

星を撃つ

死の商人

意味喪失

ものいい

表情の向こうに

見届ける

引き換える

霜降り肉の作り方

赤いモデル

スタッフロール

飛脚のふんどし

原敬別邸跡から

ペンキ男

鼻行類の明日に

天使のつぶやき

たちばな踏切

エールおじさん

おじょうさまゴッコ

その日の男

乳の木

桜守

名前も知らない果物たち

あとがき


TOPページ へ