近作のページ


  分かったふうな口振りで

改革だの再生だのと
詭弁家の舌は熱いが
一向に煮え切らない現実に
人々の心は冷めていく
もっとも夢多いはずの女子高校生が
一袋のポテトチップスを二人で食べながら
夕刻の電車のドア付近でのたまう

「つらい会社員やってるより、
 楽しいホームレスの方がいいよね」
「でも、お腹すくの嫌だな」

いったい
それはだれが稼いだお金で買ったのか
同じ年頃の息子や娘をもつ会社員たちも
聞こえない振りを装う
それが大人の自制心というもので

しかし親ならば怒っていいのだ
そして教えてやるべきなのだ
ポテトチップスを買うにしても
いったい何百個のアルミ缶を集め
何キロの道を歩いて
それを売りに行かなければならないかを
まるでホームレスのように
分かったふうな口振りで

                              (『潮流詩派』194号)



  朝顔


小学校への通学路には茶畑があり
いくつかの
野性の小さな朝顔がさいていた
「朝顔に唾をすると雨が降る」
と仲間のだれかがいった
たしかに降ったという者もいた

嘘か本当か
こどもは試してみたがるものだが
いつ降りだしても不思議ではない季節
であった

現代の都市の通学路では
裕福で貧しい生徒たちが男女平等に
火のついた煙草を指に挟んでいたり
駅の自動改札機を力学的な手段で
自由に通り抜けたりしている

花に唾することを戒める親もなく
希望と模範を示す社会システムもなく
茶畑や朝顔からは
さらに遠く
顔と心に
ちくちくと針の雨を降らせて
                               (『潮流詩派』193号)



  名無しの・・・

名が実を表すとは限らない
けれども
ほとんどの物事に
名は付けられていて
たとえば全くの名無し草を発見するのは
至難の業である

うっかりの名無しの権兵衛には
だれでも成りえる
有名といえば昔話「種まき権兵衛」だろう
農民であり
腕のいい猟師でもあったから
田畑を荒らす獣を捕らえては村人から感謝された
ほかにも権兵衛峠を開いた権兵衛や
義民・焼塩屋権兵衛なる人物もいて
権兵衛たちは意外と人気がある

権力の兵ではなく
村人に多かった名前が権兵衛
それで田舎者やバカ者の意味で使われることもあった
しかし多くの権兵衛たちは他人のためにも働き
周囲の人々に親しまれ
感謝もされた
近年では
「権兵衛さんの赤ちゃん」の歌詞に登場し
あるいは様々な店の店名にも採用され
少なくとも名前だけは
健在ぶりを示している

使用頻度の少ない指は昔
名無し指と呼ばれた
つまりは汚れていない清潔な指
でもあったから
やがて薬指になった
汚名返上・名誉挽回というわけだが
世界には
名にし負う人差し指の持ち主たちがいて
遠い海の向こうの国までも射程距離に置いている
名無しのままならば失うものも少なく
何かを守るために
他人を犠牲にすることもないのに
                               (『詩と思想』2002年12月号)



  カマキリは復活しない

カマキリを押しつぶすと
腹からぜんまいが出てきて動く
と聞いて実験したことがある
あれはハリガネムシという寄生虫だった

ぜんまいを巻いても柱時計の針が動かない
時計屋を呼んでも修理不能で
それが壊れたということで
それから初めて
子どものおもちゃにされた

自然からは遠い狭い環境に置かれて
デパートで買ってきた昆虫が動かなくなったのは
電池が切れたからだと思い込んでいる
人の命もかんたんにリセットできる
と小学校高学年の何割もが
信じている

カマキリは
ぜんまいを復の中にもっているが
電池はなく
へそのようなリセットボタンもないので
死んだまま復活しない
                              (『潮流詩派』192号)