* 原文のルビは、(ルビ)のように括弧内に置き換えています。

●BOOKS-251



芝憲子詩集『沖縄という(みなもと)で』 東京生まれで、一九七二年に沖縄に転居し
た詩人だ。そして、今日まで住人として声を上げ続けている。北方でも南方でも、島は
地理的に他国との境界に近い最前線であるがために、軍事的あるいは政治的な負担を強
いられてきた。米軍基地は減らない。像のオリ、と呼ばれた楚辺通信所の例もある。旧
施設の廃止という名のもとに、最新の施設がどこかに造られる。今は普天間飛行場の辺
野古移転問題がある。「この島は」という作品は、その歴史と現状を強く訴える。

この島は

もうじゅうぶんに苦しんだ

いうにいえない苦しみに

眠れない夜をすごしてきた

「大臣の妻なら」という詩では、権力者の内実に踏み入り、〈アベさんは戦犯のおじい
さんの古時計が/キシキシと体のなかでなっているのよ〉と、偏った使命感に燃える未
熟な心理をあぶりだす。知る人々が語り、知らないふりの政治家を越え、個人が個々の
人間に問いかけていくしかない。〈源〉とは、軍事や政治よりも、平和と交流という知
恵で生きてきた島の歴史の、源に帰ることであろう。原子力と武力への信仰という野蛮
を止め、平和と調和に生きる新たな文明を望みたい。

黒羽由紀子詩集『待ちにし人は来たりけり』 著者は、全国良寛会の会員である。そ
のような会があることも驚きだが、思えば平将門を記念する集まりもある。時代の勝者
だけでなく、庶民の近くにあった敗者もまた、今日まで語り継がれている。本書は、晩
年の良寛と心を同じくした貞心尼の思いに、共感する人の詩集である。「月の兎の良寛
さま」には、〈名声もなにもかも/打ち捨てた清らかさで/山の草庵から/慈しみを降
り注ぎました/ふと目を
(つぶ)ば/子らと手毬をつき/隠れん坊をして/見つから
なければ/朝まで隠れている/そんなお姿が彷彿と目に浮かぶ〉と書く。思いの深さと
表現力に注目した。

青木由弥子詩集『星を産んだ日』 「わたつみ」は海神を意味する。〈焼夷弾に燃え
尽きたアカギの大木/根を割って伸びた新しい木が/押し開いてうねりのびて/引き裂
かれた傷からあふれだすみどり〉と、沖縄の歴史と生命力を描く。一方、「くまいちご
が実ったら」では、〈わたしはおまえを/野に連れていく/赤い甘さと酸っぱいつゆに
まみれ/果実をむさぼり呆けているうちに/私は後ずさり川を越え痕跡を消し/ついに
おまえを忘れるだろう〉と、母熊の心で記す巧みさと力強さを合せ持っている。

二宮清隆詩集『消失点』 「匍匐前進」という作品は、〈夜明けも日没もわからない
 時が消えた/もうこの星は地球とは呼べないのかもしれない/やり場のない先の見え
ない/匍匐前進〉と書く。〈樺太から引き揚げてきたF子叔母〉のことを記録する「樺
太から」という詩や、〈選ばれし石よ/億年の記憶の川を/光り散らして/跳べ 向こ
う岸まで/水切石〉と書く「向こう岸へ」などの作品に注目した。また、北海道の様々
な雨や雪を描く作品や、〈製紙会社の赤い廃液で染まったうねる川〉のことを描いた「
消失点」にも心を引かれた。これらは、関東で育った筆者の少年時にも通じる時代背景
がある。

金田久璋詩集『鬼神村流伝』 〈「鬼神村」とは鬼を神として祀る辺土の村々〉と覚
書にあり、〈高度成長期以前には全国津々浦々に存在した〉という。「
人枡田(とぅんぐだ
)」には、〈口減らしのため 米の代わりに/人がひとを計るゆえに 人枡田と呼ぶ〉と、
石垣島や与那国島に伝わる歴史惨状書き記す。国内に限らず世界各地に生きて
きた人々の悲劇と思いを現代に伝える詩集である

横山克衛詩集『かりそめの日々』 あとがきに、〈私は、自分の脳髄を、見知らぬ都
市だと思っている〉と表現している。現実世界や理性による理解に支配されない、ニュ
ートラルな精神で、夢や幻想や物語を紡いでいくのである。「黒い亀と白いココナッツ
ミルク」という五章から成る作品の最後は、〈喜び、喜べ/夢は現実となり、現実は夢
となる〉という象徴的な言葉で終わる。

清岳こう詩集『つらつら椿』 著者は国内外の数か所に住んできたが、原住地の仙台
で東日本大震災を経験した。そして、今度は生地で熊本地震がおきた。幼年の記憶はい
つまでも鮮やかで、どの作品も熊本の文化や歴史や人々を甦らせるように、響いてくる。
故郷が育て守ってきた肥後椿の姿に、復興への思いを重ねている。

嵯峨京子詩集『映像の馬』 表題作に、〈内モンゴルの遊牧の民は/こどもの頃から
/馬と共に生活をする/よく人をたすけ/よく働いた馬は/野に還されるのだという〉
と書いている。命を還す、という考え方に共感を覚える。「ロータリーの男」という詩
では、寒さ凌ぎに手を交互に擦り合す様を、〈男の右手と左手に「希望」と「絶望」が
交互に降ってくる〉と表現する。その感性にも、しばし心を止めた。

金堀則夫詩集『ひの土』 「ひ」という作品に、〈ひは/壺のかたち〉と書く。壺は
土から成る、火で焼いた器なのである。「悲愛」では、〈手紙がこなくなった/電話が
かかってこなくなった/メールでの交換がふつうになった〉と、現代を悲しむ。ひらが
なか漢字か、あるいは土や火といった根本的なものにこだわる愛なのである。

星野元一詩集『ふろしき賛歌』 数十年前までは全国的に当たり前のようにあった豊
かな自然や慣わしや遊びなどを振り返っている。むしろ、こどもたちに伝えたい、ある
いは回復したいものが多い。昔のことを分かり易く伝えることの大切さを、考えさせら
れた。

中川貴夫詩集『花の記憶』 苦労もあるが、平和な時代の人生には花もある。同世代
だろうと思って生年を見たら、筆者より二年、年上だった。「
二人静(ふたりしずか)」で
は、〈しづやしづ〉と始まる静御前の歌を引用しているが、筆者は十代に、
静御前にま
つわる思案橋や、衣を安置しているという寺の前を通っていた。義経以上に多くの伝説
がある。時代と人々の思いを知ることが出来る詩集だ。

『林嗣夫詩集』 新・日本現代詩文庫の一三四冊目である。詩集『四万十川』、『その
ようにして』、『解体へ』の全篇の他、十四の詩集から作品を収録している。たとえば、
詩集『耳』からの作品「ひも」は、電源コードからエネルギー問題へ、世界情勢へとイ
メージを拡げて行くダイナミックな作品で、特に印象的である。

『朴正大詩集』 新・世界現代詩文庫の十五冊目で、権宅民の訳、佐川亜紀が監修し
ている。韓国の大山文学賞(詩部門)を受賞した『チェ・ゲバラ万歳』の邦訳であり、
グローバルな視点と様々な表現によって、今日の世界を独自の視点で描いている。

森美紗評論集『宮澤賢治と森荘已池の絆』 (もりそういち)は一九四三年に
小説「
山畠」「蛾と笹舟」で第十八回直木賞を受賞した盛岡出身の作家であり、著者の
父親である。宮澤賢治との十年に渡る交流から、その後も賢治に関する多くの評論を書
き、関係書の出版にも大きな功績を残した。

和田美奈子著『時満ちて雛生るるごとくに』 戦前から今日まで、教育のために尽く
してきた著者の記録と創作作品を集めている。創作は、小説から現代詩、短歌に及ぶ。
授業研究や随想、戦時中の記録などの多くに、共感を覚える。京都大学名誉教授の夫と
共に、といえる平和と教育の書である。


●BOOKS-252


内田麟太郎詩集『たぬきのたまご』 こどもから大人までが楽しく読めて、また味わ
える詩集だ。「ばたばた」という作品は、〈へいたいさんの はた/はたはた はため
いて/てきも みかたも/はた はたはた はためいて//いさましく/――とつげき
!//へいたいさんの はた/ばたばた たおれて/へいたいさんも ばたばた たお
れて〉と始まり、最後は、〈いとしい ばかむすこの/はかない はか〉と終わる。命
あるものたちへの共感と笑いと、励ましがある。言葉の数や難しい表現を重ねることな
く、人と動物たちが生きていく上での、根本的な思いと願いを表現している。こどもで
も魅かれる、生き物たちへの思いと笑いがある。

菊田守詩集『蛙』 ほとんどの作品に、小動物や昆虫、花や果物、そして人間が描か
れていて、日常生活や旅先で出会った命あるものたちの息づかいを伝えてくる。蛙や雀
たちも細々と、しかし、確かに命をつないでいる。「ビールの味」は、伯母さんについ
ての思い出である。〈――寒いから/ ビールを炬燵で温めておいたよ〉というのが面
白い。思いやりのある、ビールを飲まない人だったのだろう。人それぞれに、懐かしい
人々がいるものである。

倉橋健一『失せる故郷』 「失せる故郷」に対しては、「わが居場所」という詩があ
る。「草むす屍」には、〈死角に死者/だから死者は視覚にない/草むす屍、と口
(ず
さ)むと/私の胸にもぺんぺんぐさが生えてくる〉と、経年を自覚しつつ、なお、した
たかな批評眼を持ち、重層的に言葉の意味を差し出してくる汲み取ろうとすれば、
そこここに泉があって、言葉と思いが、豊か湧き出してくるのであった

新井豊吉詩集『掴みそこねた魂』 放置されれば死ぬかも知れない、心身に悩みや障
害をもった数々の人々と、著者は長く真剣に向き合ってきた。それでも、救い上げられ
なかった魂への悔いに、読者は応えるすべがない。福祉には、政治の世界のようなリセ
ットもなければ、野合などもない。常に、命ファースト、でなければならない。市民と
行政の支えも、継続されねばならない。命の現状を言葉で伝える、体験からの詩集だ。
武器なしに守り得る、一人一人なのである。

若松丈太郎詩集『十歳の夏まで戦争だった』 著者は、一九三五年の生まれである。
戦時中や戦後の混乱を語り、証言できる人が少なくなってきた。本詩集は、「紙くずに
なった戦時国債」「食料不足と配給制度」「神風特別攻撃隊」などの作品を収録してい
る。「敗戦と教科書の墨塗り」では、〈きのうまでおなじ教科書で教えていた教師の指
示を受けて/わたしたちは教科書に墨を塗り/ページを切りとった/教科書の墨塗りは
敗戦よりもおおきな衝撃をわたしに与えた〉と、少年時の記憶を書いている。戦争の反
省から生まれた平和憲法も、今や改変されようとしている時代である。

吉田隶平詩集『この世の冬桜』 人生を考える等身大で気取りのない言葉が、まっす
ぐに読者の心に届く。「一生の使い方」という作品は、〈鳥はいつも忙しそうで/する
ことがいっぱいありそうだ/猫は落ち着き払って見えるけど/「何もすることがないな」
/なんて思うことがあるんだろうか〉という一連目から始まる。「父の死」も印象深い
作品だ。それに、「驚くべきことは」などの詩も、と読み進みつつ、ほとんど全篇に共
感できた。哲学者の名や言葉を借りず、自身が哲学している人なのである。分かり易い
表現にして、中身の濃い、実にまれな好詩集である。

高橋馨著『夜更けの階段』 副題に〈詩的作品集〉とある。詩あるいはショート・シ
ョート作品なのである。題材としての、多くの引き出しを持つ詩人だ。文庫本が売れな
いスマホ時代にもまだ、面白く不思議な、印刷された作品がある。「それとも」なども、
どこまでが事実で、どこからが創作なのか、と気になる作品である。

佐川亜紀詩集『さんざめく種』 表題作は、〈さくっと 法を変える/ざくっと 人
を突く/ざっくり 「異なる人々」を排除する/ざらざら 心が荒れ果てる〉と、書き
出される。人の命と尊厳を忘れ、あらぬ方向に傾いていく社会の、根源的な問題を見つ
める。中でも、「聖なる泥/聖なる火」は、十三頁の力作で、科学と宗教、貧困と戦争
などの関係に切り込む。

鈴木比佐雄詩集『東アジアの疼き』 大震災と原発の問題、反核と平和への道を考え
る詩集だ。国内に限らず、その視野は韓国や中国やベトナムといった東アジアにまで及
んでいる。「己を知っている国、己を知らない国」という作品では、〈ベトナムでは信
号がなくても多くのバイクや車は/街角でぶつかることなくすれちがっていく〉と書き
出し、国家間の協力や、過去の反省の中身を掘り下げている。

日原正彦詩集『瞬間の王』 「蝉は」という作品では、〈蝉が鳴いている//なぜか
 時間が 聞こえるような気がする/この大空よりも大きな口を開けて/だが限りなく
遠ざかってゆく声が〉と、自分にとっての時間を感受する。また、「かお」という詩で
は、〈うつむいて歩いてばかりいるうちに/かお を 落としてしまったらしい〉と、
独特の感覚によって、現実という生の時間を、紐解いていくのである。

瀧葉子詩集『夕景』 「夕景」という主題作には、一日の終りの風景という以上に深
い意味がある。〈駆け登って来そうな/鉄砲の 心眼〉という言葉が、今後への不安を
暗示する。「冬庭」では、〈人の/終る歴史を/その かたち を/思い返しながら〉
、と確かな目で、現在を見つめ続ける。

黒岩隆詩集『青蚊帳』 〈蚊帳って/シェルターだね/夏になると/日本中 蚊帳を
吊って寝たものさ/蚊や蛾やカナブンの猛攻に耐えたんだ〉と、表題作は始まる。それ
は、自然と生物の豊かな時代でもあった。「髭鯨の夜―悼・辻井喬さん」など、詩がも
っと注目されていた一時代を伝える作品もある。

中堂けいこ詩集『ニューシーズンズ』 心像の中に、固有名詞や専門用語を投げ入れ
る。それが、詩にリアリティーを与えることもある。それでも、心と外界はなかなか折
り合わないが、著者は新しい季節の到来を感じ始めている。「とりのうた」に、〈いつ
のまにかみぞおちに/カナリアを飼っている/ときおり腹部が熱くなるのは/カナリア
がうたいたがっているからだ〉と書く。また、「わすれもの」には、〈わたしは直線を
体にもたないので〉と書き、その感性を信じながら、自身の時代と環境の真実を測って
いる。

野間明子著『蒙昧集』 夢を記述するには表現力がいる。混沌とした疑似体験を作品
とするには、解釈や構成力が必要になってくる。そのことを承知の上で、著者は詩集と
自称しないのであろう。それでも、「船出」という作品は、〈私達は死へと、そして殺
害へと着々と進んでいく〉と、戦争への不安を実感的に描いている。蒙昧でも、無知で
もないのである。迷わずに権力や暴力に走る者こそが、昨今の世界の脅威だ。

中田敬二詩集 〈現代詩文庫〉の二三七冊目である。著者は一九二四年、樺太に生ま
れている。本書は、詩集『埠頭』『島々の幻影』『歳時記抄』『マルコの旅』などを始
め、未刊詩集を含む十九冊からの作品を収録している。グローバルな視点から、多彩な
作品を書いている著者であるが、その中でも「サハリン島」などの作品は、歴史的にも
貴重な証言であり、平和と共存について考えさせる。


●BOOKS-253


丹野文夫詩集『海の(みち) 著者は詩誌『ひびき』に参加し、月刊通信「ACT」
の編集と発行もしてきた。長年に渡り、詩と演劇を中心に、市民の意思と表現の場を支
えてきた。本書は、詩と当時のエッセイ(今は記録詩となっている)を収録している。

著者がその詩誌に、しばしば取り上げてきた詩人に、尹東柱(ユン・ドンジュ)がいる。
移民の子として中国で生まれ、戦中の日本で治安維持法違反により逮捕され、懲役二年
の判決を受け服役中に死亡した。詩を書いただけで、死に追いやられた時代があった。

金芝河(キム・ジハ)は、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の時代に、長篇詩『五賊』
を発表し反共法違反容疑で拘束された。一九七四年、大統領緊急措置により死刑判決を
受けたこともある。
丹野文夫は、「仙台金芝河らをたすける会」の運動にも参加してき
た。そのころ東京や近県の人々は、高銀(コ・ウン)を招待したが出国許可が得られず、
主賓欠席のままに韓国の現状や文化の紹介がなされたのを憶えている。お互いの文化と
歴史を知り、共通の理解に至るまでの困難と努力を、改めて感じた。

佐々木薫詩集『島―パイパテローマ』 〈パイパテローマ〉とは八重山方言で、南の
果てのサンゴ礁の島、の意見である。著者は第十一回山之口獏賞の受賞者で、地元の沖
縄に足をつけて詩を書き続けている。「島@ 断崖絶壁」では、〈島は出口のない牢獄
であり不穏な砦である。/反逆の旗が一本、独立を宣言し/かけめぐる風はわたしの血
のざわめき〉と、現状を記す。負担は県に、権限は日本政府以上にアメリカに、という
主権を放棄した「日米地位協定」に、その苦しみの原因がある。〈ゆれる歳月 ゆれ動
く島/島は、じつは漂流していたのだ。海原という荒涼、陸地という砂漠を/流砂のな
がれるまま、星のめぐるままに〉と書く沖縄に、もっと多くの目と共感が向けられるべ
きだろう。空想に舞う詩や、借金棚上げの政治の方ではなく、現実を見つめつつ時代を
共有する詩の方へ。

菅沼美代子詩集『手』 著者は筆者と同じ、一九五三年に生れている。つまり、戦争
への反省と、その教育下に生きてきた世代なのである。しかも、著者が平和への思いを
受け継ぐ教育者であったことに、重ねて深い共感を覚えた。「手」という作品は、何を
するための手か、命か、ということを思い出させる。「側道」は、買い物からの帰宅時
に交わした少年との挨拶がテーマだ。即座に、出張先の愛媛県川内町の小学生から受け
た挨拶のことを想起した。大人への純粋な挨拶、それは家庭や学校での教育の成果であ
ったかも知れない。大人の事情を忘れさせ、希望を与えてくれる、静止しての朝の挨拶
であった。仕事の帰りが下校時に重なり、その女の子に「さようなら」と挨拶を返すこ
とができた。この詩集には、世代間の交流や、引き継いでほしいバトンへの願いがある。
そんも思いは、「ことば」という詩からも伝わってくる。

十田撓子詩集『銘度利加』 詩集名は、ロシア正教の受洗者名簿(メトリカ)のこと
である。著者は秋田県の郷里で、見たことがあるという。その主題作には、〈乗りこん
だ船は壊れていた/戊辰の果ての泥船は、落ちていく箱さながら/揺れに揺れてあちこ
ち叩きつけられた/息を止めて、ひたすら痛みをこらえた/この船のゆくえを/自らの
意思として努めて引き受けたのは/敗残者、脱走者、迫害された者/蝦夷、そして
奥筋
(おくすじ)からの者〉と書いている。しかし、その時代にも残されたものがある。〈不
遇をかこつ者たちは慰めと祝福を受けた/与えられた名前はすべて名簿に記された/

度利加、生の証し〉なのであった。過去を未来につなげる詩集だ。

秋元?詩集『今昔夢想』 古い物語には、当時の人々の関心を集めた話や不思議な出来
事が記されている。これは、〈今昔物語を下敷き〉にした詩集なのである。かつて、闇
や不可解なことは恐怖であった。「物忌み」「一本道」「鬼の腕」などに、特に注目し
た。自然や闇を失いつつある現代ではあるが、必ずしも遠い昔の話ではない。数十年前
の子ども時代は、闇や風の音や踏みしめる落ち葉の音までが怖かった。

井上麻耶詩集『鼓動』 「寂しいセミ」にある、〈生きていることは/精一杯でどこ
か切ない/―寂しくない生―/なんて ないよね……〉という言葉に、心を引かれた。
また、「内乱という名の戦争」では、〈銃を売って爆弾を大量に流して/内乱という戦
争を起こさせているのは/誰もがもうわかっている〉と書き、人類という生き物の、命
に対する大きな矛盾を突いている。互いに殺し合わなくても、人間には住み分ける知恵
があるはず、なのである。

冨上芳秀詩集『白豚の尻』 後記から読み取るに、詩集名に寓意や象徴はないらしい。
品の良い言葉ではないが、子どもの頃に節をつけて、「馬鹿が見る、豚のケツ」と、友
だちを嘘でからかう遊びを思い出した。豚の尻尾は、なるほど疑問符の形に似ている。
蠅を払うために、くるくると振り回す。ペットの犬の尻尾とは違うのだ。「霧の中の桐
の木」という詩がある。昔は、女の子が生まれれば嫁入りの将来を考え、桐の木を植え
た。筆者は伯母の結婚のとき、数本の桐の木が切られるのを見た。桐は箪笥の材料で高
く売れた。クローゼットの時代に、語らずして伝えられるだろうか。「ふ〜ん?」で済
まされる時代ではあるが、語ることに意味がある。

吉井淑詩集『水の羽』 少女の思いと大人の思いが交錯する詩集だ。たとえば、「サ
ルビア」という作品がある。〈玄関先にサルビアの咲く家から/
(おや)(こ)言い
争う声がしている/わあと声があがり/しばらくして娘の泣き声/夕暮れて/月が路
地の屋根を照らし/サルビアにも一滴の月光/母親が玄関前に立って/月を見ている/
こんなところまでついてきていると思っている/子供だったころ/歩いても歩いても/

大倉元詩集『噛む男』 著者は、奈良県大和郡山市の詩人である。〈源氏との合戦で
敗れた平家の敗残兵が/目立たぬように粗谷の山の中へ逃げのび/ひっそりと暮らして
いた/人など住めるような所ではなかった〉と、その歴史を「幡を立てて」という作品
に記す。
食事や生活や祭りや墓なども含めて、生き延びてきた知恵と近隣の協力と、し
たたかさが記録されている。

松原立子詩集『アルケースの話』 (どんなケース)と想いつつ、ユリウス・カエサ
ル著『ガリア戦記』に出てくる、山羊に似た野獣らしいと知った。「茶筒」という詩に、
〈「これ、なあに」/今日もそう言いながら/かつて馴染んでいた物に触れる/すると
物たちは/初めての顔で、義母の手を取り/私の知らないところへ、ふっと連れて行く
〉、と詩人の発見を書いている。学び思い出し、問い続けなければ、古い記憶は消えて
行く。その言葉の綴りや発音や意味までも。

秋谷千春編・詩選集『秋谷豊の武蔵野』 編者は、秋谷豊を記念する「詩?館(しりゅう
かん)の代表者である。
秋谷豊は、出兵を前にして敗戦となった世代で、戦争の時代を
背景として、戦後を生きてきた詩人であった。「浦和」という作品は、〈ぼくがこの都
市に住んだのは/戦争が終ってまもなくのころ/飢餓の中で詩を書き 生計を立てた/
ここの住人の多くは小鳥たち〉と、書き出されていた。秋谷豊は、活動的かつ穏やかな
心を持つ詩人という印象がある。戦後の地に足をつけ、自然の原野と人工の都市を見つ
め続けてきたのであった。本書は、その代表作四十九篇を集める。