* 原文のルビは、(ルビ)のようにに変換されます。

●BOOKS-249(『潮流詩派『249号から転載) 


柏木勇一詩集『ことづて』 著者は新聞の編集をしてきた人でもある。身内に限らず、時
代と人々の生死を長いこと見続けてきたのであった。「棘」という作品は、〈ことづて 
という/生きた証しを残したかった/冬のかまきり/忘れないでほしい という/その一
心のために/最後の若緑色の翅いちまいをひろげようとしていた〉と始まる。戦中から戦
後を含む昭和という時代を、戦争への憎しみを背景に、愛すべき人々の生活と、豊かだっ
た自然や文化を記録する。

龍秀美詩集『父音』 母音と対になるのは子音だが、言語学上の歴史を踏まえ、ここでは
母音に対して父音という言葉を当てている。
台湾人の父を持つ著者の、命と発語のルーツ
でもある。歴史と現在を、強く意識している詩人である。「台湾一周カラOKバス」とい
う作品には、表記の間違いが多いという曲名と共に、その時代と風潮を物語る歌詞があぶ
りだされる。資料に基づいた、ユーモアと批評を含む最先端の現代詩である。古くても良
い物事への敬意を失わず、明日を志向する。

清水博司詩集『さあ帰ろう』 表題名は、ブルガリアの映画監督=ステファン・カマンダ
レフの作品の邦題「さあ帰ろう ペダルをこいで」から採っている。〈国家ではなく/家
族と/友だちと/希望と意思と/バックギャモンとともに/深刻にならず/しかし真剣に〉
と書く。バックギャモンとは、世界最古のすごろく、といえるゲームのことである。また、
「言葉つむぐ人」という作品は、恩師の教えを思う作品だ。〈もう/言葉によって/語る
べきものが/世界から失われた/ということか/それとも/まだ/言葉によって紡がれる
世界があるのか〉と、〈崩れかけるぼくに〉問う。意味や価値観を共用する言葉よりも、
身勝手な振舞いや力の横暴が目立つ昨今にあって、あるべき処への帰還を願う。平和な日
常を、取り戻すために。

川中子義勝詩集『魚の影 鳥の影』 「魚の影」という詩は、〈手作りの銛を携え/額か
ら汗を滴らせて/子どもは川から帰ってくる/目にしたばかりの出来事に/心を捉えられ
俯いて〉と書き出される。鳥や魚のいる環境に育った人は、大人になってからも長いこと
魚影や鳥の夢を見るものだ。古代の洞窟壁画に残された動物たちのような、失われたもの
や滅びゆくものへの、悔いと願いがある。心に残る言葉を噛み砕き、反芻していく。

勝嶋啓太詩集『今夜はいつも星が多いみたいだ』 句読点のない分かち書きが、読みやす
い。場面や息継ぎが明確なのは、映画や演劇の表現者でもある著者の、自然な形なのであ
る。短編小説という観点からは、星新一が連想される。広く、人々の日常を知り、多くの
人々が感じているのに表現できなかったことを、詩として次々に発表している。その活動
には、自然さとバイタリティーがある。「大福と少年」「小さな黄色い花の思い出」「S
さんのこと」などの作品には、心の深さと強さが窺われる。

柳生じゅん子詩集『友だちと鈴虫』 「クラゲになろう」は、〈クラゲが あんなに軽く
泳げるのは/
分(よぶん)なものは持たないからだ/まっすぐな背骨(せぼね)(みば
え)がする(ちにく)などなくたって/ふんわりと ただ/生きたいこころだけになって
(しおかぜ)に 遊んでいる〉と書く。命の多様性と不思議を、柔らかな言葉で表現
している。ふりがなが多いのは、こどもにも読めるようにとの配慮であり、優れた少年詩
でもある。

尾崎義久詩集『ツメをたてながら』 表題作は、〈骨骨骨骨 戦後七十年/ツメをたてな
がら/この世じゃ言っちゃいけないことを/こつこつこつこつ ひたむきに言ってみる〉
と書き出される。山野に苔むしていくだけの戦争の死を思いつつ、こつこつと、詩という
形で言いたいことを書き続けている。あっさりとやめてしまうことが多い時代に、二十歳
での第一詩集『どぶ川ブルース』から三十五後の今日まで、その意思と姿勢は、変わらな
い。自身の口調で、時代と生き方の原点から言葉を発し続けている。

瀧葉子詩集『孤愁』 一九三〇年の東京生まれで、栃木県に在住の詩人だ。近辺に生息す
る植物や昆虫などを観察しつつ、自身と世界の現在を見つめる。「七十一年後に」では、
〈身の 右側三十糎あたり/ぱらぱら と 薬莢が/柵を切って落ちていった/グラマン
機は向きを変え/唸りながら南方に 消えた/「その時 死んでいたら」/娘は 言った
/「私は 居ない/子も 孫も/みんな居なかったね」〉、と記す。

平井達也詩集『積雪前夜』 日々を真面目に生きる社会人の、冷静さと批評眼を持った作
品である。「ネクタイ」という詩には、毎日の窮屈さに耐えていく知恵や、流されずに生
きる確かな自我が存在する。「積雪前夜」の備えや注意と共に、黙々と明日に向かう人々
がいる。〈何で取ったかわからないスープみたいな街に暮らしている〉と書き出す「茹で
麺」における比喩は、スケールの大きい働く人の表現である。

小高恒詩集『虹の足』 著者名は、〈おだかひさし〉と読む。表題作「虹の足」は、〈虹
の足を見た/虹の足は白い竜のようである〉と書き出される。虹という自然現象は、確か
に自然の不思議や希望を想わせるが、人々の足元も大事なことだ。現実には円形の虹も存
在するが、それに反して歪む世界は、どのように折り合いをつけていくのだろう。

冨上芳秀詩集『恥ずかしい建築』 〈この国では食事の前に咀嚼の練習として/ゴムを噛
むのがマナーになっています〉と始まる「生ゴム生活」の他、「バナナ」などの作品に、
言葉あそびに終わらない人間社会への批評がある。路上に限らず床にガムを吐き捨てるよ
うな現状もある中で、言葉と意味をシフトさせ、ユーモアのある詩を書いている。

下地ヒロユキ詩集『読みづらい文字』 宮古島の詩人である。「言語のように」の冒頭は
〈たそがれると聞こえてくる。どこか遠い林の陰の奥、コノハズクのこと葉〉と始まる。
夜に「ブッポウソウ」と鳴くのが、実はコノハズクで、ブッポウソウは「ゲッゲッゲッ」
と鳴く、という有名な解明話がある。見た目は明らかに違うのに、聞こえからの誤解だっ
たように、真実は見え難い。分かり難さを自覚し言葉の海に向かう。本当はどうなのか、
深く潜行していく。文字が、事かどうか。

橋浦洋志詩集『染礼』 「遺品」という印象的な詩がある。〈太陽の 槌に 叩かれて 
魂が 反る/千年の/井戸の 底が 乾く〉と書き出す。広大な時空を背景として、独特
の深い思索から生まれた作品である。また、「影」という詩の一連目には、〈白い紙の上
に ひと粒の 種をのせる/種にも 舞い姿が あるのだろう/高みから 地上までの 
時をさえ/芳醇に 生ききろうと 落下するのだから〉と思いを深める。

『新編 甲田四郎詩集』 〈新・日本現代詩文庫〉の一三〇冊目である。詩集『陣場金次
郎洋品店の夏』、『くらやみ坂』、『冬の薄日の怒りうどん』、『送信』からの作品を収
録している。著者には、下町っ子の活発さと共に、現代人の真っ直ぐな主張がある。庶民
の言葉で正直に、現状や考えを文学作品に練り上げている。

『詩と文学の未来へ向けて―水崎野里子エッセイ集19952016 「石原吉郎・太宰治・
椎名麟三」「マイノリティと海外交流」「日本の詩歌の未来へ向けて」「旅と詩とエッセ
イと」の四部に分け、国内外の多岐にわたる文学に関する評論やエッセイを集めている。
五〇〇頁を超える、近年の著者の活動の集成である。


●BOOKS-250(『潮流詩派『250号から転載) 


高良留美子詩集『その声はいまも』 行政の裏で古い時代への回帰を願う男たちが、女
性の防衛大臣を祭り上げている。その対極で、著者は歴史を踏まえ、発言し、女性たちの
声を支えて来た。この詩集は、〈その声はいまも〉〈戦争のなかで生まれて〉〈夜の迷走〉
〈物語の真ん中〉の四章で構成されている。表題作「その声はいまも」は、南三陸町の津
波の際に、防災無線で避難を呼びかけつつ、自身が犠牲になった危機管理課の女性職員の
ことを書き記している。その一連目は、
〈あの(ひと)は ひとり/わたしに立ち向かっ
てきた/南三陸町役場の 防災マイクから/その声はいまも響いている/わたしはあの

(ひと)を町ごと呑みこんでしまったが/その声を消すことはできない
〉と書き出される。
津波を擬人化し、語り手としていることが、実に印象深い。
「戦争のなかで生まれて」の
最終連は、〈わたしたちが生きたのは二つの平和のあいだの戦争だったのか。それとも二
つの戦争のあいだの、束の間の平和に過ぎなかったのだろうか。〉と振り返り、問う。昨
今、明治憲法下の教育勅語に共感する勢力の、小学校の許認可をめぐる怪しい動きも問題
になっている。この詩集は、戦争や災害の現実を記録し、あるべき人の道を目指す証言の
一冊なのだ。

有馬敲詩集『新編 ほら吹き将軍』 二〇一四年に発行された『ほらふき将軍』の、続
編である。たとえば、〈ほらふき将軍が原宿を行く〉という口調で始まる連作の五十一篇
である。同じ形式でたたみかけて来るのだが、読者は飽きることがない。
ほらふき将軍
とはだれか。その視察や体験とは。日本全国を駆け回る天皇や国会議員の姿を各地に展開
し、実は自らの感想を重ねている。時代的な犯罪や横暴には加担しない視察人、となって
いるのだ。それにしても、各地の名所や名物を、知り尽くしている。最終部は、自身の高
齢化に伴う病院模様までも反映させている。ほら吹きには権力がない、ユーモアを散りば
めつつ語る、それが詩人の正義となっている。時がすぎても変わらない方向、その姿勢と
方法論がある。

木村迪夫詩集『村への道』 著者名の〈迪〉は、正しくは二点しんにょうである。著者
は旧・牧野村に生まれ、山形県
上山(かみのやま)に在住する。「牧野部落」では、〈牧
野はマギノと発音し、その語源は「
(まぎ)れ野」に在ると言われている〉と、こどもの
頃の原生林を思い出しながら、訛りではなく当て字だと主張している。発音を重視する点
は注目すべきで、漢字は後からあてがわれたもの多い。地方の地名に難読が多いのは、
それぞれの地勢や気候や文化呼び名があった証拠である。
「わが死地」は、〈少年期から/青年期にかけて/わが村落は/―にくしみのふるさと―
であった/小農に生れ/戦争で父親を失い/貧農そのもののくらしであった〉と書き出さ
れる。そして、「祈りの大地」では、〈敗戦から七十年/父親の果てた中国への想いは/
わたしの心から長い年月消え去ることはなかった〉と振り返る。「わが青春の記」にある
〈青年団〉は叔父や叔母の世代で、筆者の記憶にもある。〈青年学級〉は初耳だが、婦人
学級もあった。4Hクラブ(農業に関する、
HandsHeadHeartHealthの増進を進める
青年農業者組織)には筆者の兄も参加していた。いずれも、農業と教育の戦後復興のため
の地元の自治組織で、戦争と全体主義への反省でもあった。そういえば、PTAは今どう
なっているのだろう。様々な分野での、日本再考が必要な時代になっている。戦争の反省
も、平和の喜びも、薄れつつある。悪い回帰ではなく、あるべき道を共に探りたい。

福司満 秋田白神方言詩集『(やづ)何処(ど)(え)った』 詩集名の〈サ〉は小
さい活字になっている。小さい〈ぁ〉はあるが、小さな〈サ〉とは、〈すぁ〉の発音なの
かも知れない。方言に加え、ときどき本来の漢字とは違う当て字を使用しているため、読
みはルビで読むしかない。二重の読みにくさはあるが、方言での発音やニュアンスを伝え
たいためであろう。「
八十歳(はちじゅとしより)の詩」という作品では、〈戦争ぁ知らね
政治家(ひんひえが)(だ)/原発だぁ 集団自衛権だぁテ〉と、確かな社会観でもの
申す。「七十年経って」など、戦争を知る世代の力作だ。

小笠原眞詩集『父の配慮』 最近、〈忖度〉なる言葉が浮上しているが、名を借り、あ
るいは想像して上に従う、怪しさがある。〈配慮〉とは、上あるいは先に立つ者からの、
後輩への思いやりであろう。心の向きが明らかに違う。亡き父からの配慮に気づき、著者
は父の言葉と思いを記す。表題作のほか、「戦争を知らない子供たち」などの作品にも、
注目した。

鈴木正樹詩集『壊れる感じ』 「湖畔へ」という作品は、〈花火の位置が だんだん高
くなる 大きくなる/そして/会話の中に 輝きが開いては 消えていく〉、と妻との時
間を見つめる。人の記憶や思いの儚さ、許された命への含蓄と、ささやかな輝きがある。

服部昭代詩集『その先の視線へ』 四章に分けて、少女時代の豊かな自然、戦争、沖縄
の基地問題などに関する作品を集めている。たとえば、「夏の日に」には、川遊びの楽し
さが記録されている。「橋」は、中津川に架かる橋の欄干が戦時中に取り払われ、供出さ
れた歴史を書いている。戦争と平和、さらなる基地化、自然保護、などの問題で苦しむ沖
縄県に関する作品群にも共感を覚えた。

府川清詩集『花水川物語3』 花水川は相模湾に注ぐ川だ。その地勢と自然、歴史に関
わる作品群である。様々な動植物を記録する作品の他、「海軍火薬
(しょう)」など、戦
の利用を記録する詩にも注目した。

田道昭詩集『昨日まで、そして今日』 自身の半生と家族、そして現在を記す詩集だ。
「私たちの最良の日」から「魂の気球」までの、幸福な時代から晩年に至るまでの、個と
社会の変化を映し出す。


佐伯圭子詩集『空ものがたり』 中でも「?梅の花」という作品に、作者の詩心があるよ
うに感じた。〈寒の雀よ/わが庭の小さな可愛いものをあげよう/枝から枝へ飛び移って
/啄んでいきなさい〉と書き出し、〈うごかない/木に代って〉と終わる、心がある。

阿部竪磐詩集『コーヒー・タイム』 表題作に、〈幼い時/両親に死なれ/みなし子同
然の私は/幸いにも/人の情けも熱い涙も体験した〉、と書いている。各地への旅から、
人の世の変遷あるいは不変を書きとめる。

鎮西貴信詩集『いろいろ愁』 著者は敗戦の年、旧満州に生まれた。言葉の定義から始
めようとする、時代に楔を打つ詩集である。

青木善保『詩選集一四○篇』 詩集『風の季節』『天上の風』『風のレクイエム』『風
のふるさと』『風の沈黙』からの作品に、未収録詩篇を加えている。長野県の詩人で、様
々な〈風〉をテーマに書き続けてきた。風や嵐にも、地方ごとに呼び名がある。経験を、
知るところを、誠実に記してきた詩人だ。

高良留美子著『女性・戦争・アジア』 〈女性詩人〉、〈アジア、戦争、植民地支配〉
などの七章に分けて、詩人論、文学論、エッセイなどを収録している。歴史と文学、女性
と文学などのテーマを、国内外の多くの人々との長年に渡る交流の中から掘り下げている。

高橋馨著『幻楽四重奏』 パロール(話し言葉)に対する、エクリチュール(書き言葉)
の深層心理を探り、内外の書物を読み解いていく。創作の中の真実あるいは真理などにつ
いて、楽しみつつ考えさせる評論集である。

『白亜紀詩集2016 詩誌『白亜紀』同人によるアンソロジーである。網谷厚子、北岡
淳子、斎藤貢、鈴木有美子など二十人が、それぞれ数篇の作品を寄せている。