* 原文のルビは、(ルビ)のようにに変換されます。

●BOOKS-248(『潮流詩派『248号から転載) 


狩野敏也詩集『わが裏博物誌より』 歴史や動植物などの広範な知識をもとに、とりわけ
興味深い話を、戦後意識と批評精神により、独自の創造的な作品に仕上げている。ネタに
は、事実も虚偽も含まれる。しかし、理想への創意において楽しめる、優れた現代詩なの
である。「
類」(びこうるい))のトリセツ」「もの言うさざれ石」「君が代神社の
明け暮れ」などの作品に好奇心や人の良さに付け込む言葉には(だまされまいぞ)
と思った知識や創造は何の為にあるのか。それは、平和で楽しい、より良い未来を創る
為であろう。「別腹嫡子」では、本来の意味や各辞書の違い、内容の変化について書いて
る。

高岡修詩集『胎児』 胎児に語りかけるというスタイルで、生命と宇宙の歴史を描く連作
の詩集である。たとえば「8」は、〈つまり進化とは、/変貌しようとするあらゆるもの
への、/断念の、/ひとつの結実である。/四十億年の旅のさなかで君は、/植物である
ことを断念した。/魚や両生類や爬虫類であることを断念し、〉と始まる。人類の進化と
存在の意味を、破壊と殺し合いという世界の現状を背景に、静かに問いかける。断念とい
うよりも、別の道を選ぶことのできる、人の命の希望と進化を描いている。科学の知識や
用語を柔らかになるまで咀嚼し、詩の表現に溶けこませている。

小松弘愛詩集『眼のない手を合わせて』 手や後頭部にも眼があるのは、神や仏の類であ
る。人は超能力のない手をすり減らし、働いていくしかない。印刷する者も、読む者も、
紙を扱う人は指紋を擦り減らし、ときには指の腹を切る。それでも、書を尊び、少しは増
しな方向を目指して生きている。「比喩ではなく」という詩には、〈「わたしは草と木の
実を食べて育ちました。草食動物です」―〉とある。食べ物の話題が出ると、自己紹介の
ように言い、身近な山菜や果物に助けられた少年時代を想起するのであった。この詩集に
は、重ねていく日々の中での暖かな祈りのような思いと言葉がある。

田村雅之詩集『碓氷』 詩集名は、著者の郷里である群馬県高崎市の古名から採っている
という。「日本人墓地にて」は、シベリアのハバロフスクにある抑留死没者慰霊碑を訪ね
たときの作品で、石原吉郎のことなども思い出しつつ、〈歴史と体験〉について深く思索
している。多くの詩人たちを知る、多くの書を読み豊かな語彙を持つ詩人である。

岡隆夫詩集『馬ぁ出せい』 表題作は〈馬ぁ出せい 馬だ 鉄馬だ この(うまや)なら
五頭出せぃ!/主は駿馬十頭ひきいて 裏木戸よりそっと消える/〈ご勘弁くだせぃ 

(へいてい)さん 馬ぁ人より大事ですけぇ〉と、始まる。農民と兵隊のやりとりの中
に、したたかな抵抗がある。すなわち、黙って従うのではない、人としての尊厳と生き方
がある。

林美佐子詩集『発車メロディ』 どれも静かな語り口の詩であるが、その鋭い感性で暗さ
や恐怖を醸し出す。「包丁と荒野」は、〈母が包丁をふりあげます/私を見ています/ど
なり終えると母は/唐突にキャベツを千切りにします/ものすごい速さで包丁が進みます〉
と書き出す。そして、〈母はいなくなりました/包丁も消えました/どこかの荒野を/な
きさけぶ包丁が/かけぬけたそうです〉と終わる、強い印象を受ける作品だ。

末松努詩集『淡く青い、水のほとり』 「空白(イマジネーション・ウオー)」は、〈理
由などわからないまま兵士にされ/意味さえわからないまま戦場を駆け巡り/目的すらわ
からないまま敵兵を殺めた〉、という一連目から始まる。現実の危うさを自覚せず、スマ
ホ歩きをしているような、自他の命を想わない時代の危うさを危惧する。

行吉正一詩集『おかやまのうた、詩の東京』 著者は岡山に生まれ、十代後半で上京し三
十六年を過ごし、帰郷した人である。理知で描く東京、記憶と心で記す故郷、という思い
が伝わってくる。都市近郊では、かつての自然が失われ、どんどん変化していく。だが、
この詩集には、過去と現在の風景の変化や存続が、鮮やかに記録されている。

久保寺亨詩集『白状/断片』 同じ題名の十八篇から成る連作詩集で、心理あるいは真理
を見つめ、探究している。〈
XV〉には、〈白状しよう、/「なにも言いたくない」という
欲望の、/ねじれ、あるいは、くずれ、としての、/声なきナマの叫びがあって、/その
叫びと化してぼくは、/しゃぼんだまをひっきりなしに飛ばしつづけていたのだった、/
ある日、ある時、ある場所で。〉と書く。しゃぼんだまは、思考であり言葉であり、詩な
のである。

壺阪輝代詩集『けろけろ と』 表題作の最終連は、〈こうして心は達観を磨いていくの
です/けろけろ と笑い声をたてながら/けろけろ と傷口を隠しながら/いつか訪れる
あの日まで〉と終わる。けらけらではなく、存在を知らせるために精一杯の蛙の鳴き声の
ような、〈けろけろ〉なのである。昔は田んぼから一、二キロ先までも、うるさいほどに
蛙の声が響いてきたが、今ではすっかり衰えてきた。まるで、私たちの声のように。

『続・高良留美子詩集』 〈現代詩文庫二二四〉として刊行された著者の詩の集成で、詩
集『しらかしの森』『風の夜』『神々の
(うた)』さらに、それらの詩集の前後の作品か
ら厳選している女性の権利と平等を、戦後の思想として内在し、詩や評論を書き続けて
きた。なお、大岡信、麻生直子、中村純の三人がそれぞれ詩人論作品論を書いてい

『暮尾淳詩集』 〈現代詩文庫二二七〉で、詩集『めし屋のみ屋のある風景』『ほねくだ
きうた』を始めとする既刊詩集や未刊詩集からの作品を収録している。一人の市民として
の感覚を忘れず、時代と生活を個性的な切り口で、刻み記している。

なお、各地の詩アンソロジーでは、『北海道詩集』(六十三集)、『いしかわ詩人』(十
集)、『広島県詩集』(三十集)などが継続的に出ている。また、熊本市からは無下衛門
や丸山由美子らが参加する『平成二八年熊本地震作品集』が出版された。各地の詩人たち
の声と、継続への努力に注目した。

堀内統義著『戦争・詩・時代』 戦前・戦中にも、詩は書かれていた。収集した多くの資
料をもとに、〈戦争・詩・時代〉を独自の視点で読み解く評論集であり、平和への願いで
もある。戦争は、いきなり勃発するのではない。戦争に至る過程があり、段階がある。戦
争へと向かう変化に、常に注意したいものである。

中村不二夫著『辻井喬論』 辻井喬の詩と時代を多面的にとらえた、四〇〇頁を超える評
論集である。分類と項目の立て方も分かり易く、充分に整理されている。ほとんどの詩人
が他に生業を持っているが、社会人や企業人としての側面、詩や小説への誠実な取り組み
などが記憶に鮮やかだ。

葵生川玲編著『アメリカわずらい』 軍事大国としてのアメリカと、戦後の日米関係(特
に日米安保条約下にある状態)に焦点を当てながら、世界の紛争や戦争やテロ事件を考え
る一冊である。資料としての「アメリカ・日本関係歴史年表」も、大いに参考になる。

長嶋南子著『花は散るもの人は死ぬもの』 与謝野晶子から氷見敦子までの、林芙美子、
金子みすゞ、高田敏子、石垣りん、茨木のり子などの女性詩人二十一人についての詩人論
である。多くは、その時代や境遇と戦いながら表現した。自分には厳しく、他者には誠実
に、自己の生き方を貫いた。


●BOOKS-249(『潮流詩派『249号から転載) 


柏木勇一詩集『ことづて』 著者は新聞の編集をしてきた人でもある。身内に限らず、時
代と人々の生死を長いこと見続けてきたのであった。「棘」という作品は、〈ことづて 
という/生きた証しを残したかった/冬のかまきり/忘れないでほしい という/その一
心のために/最後の若緑色の翅いちまいをひろげようとしていた〉と始まる。戦中から戦
後を含む昭和という時代を、戦争への憎しみを背景に、愛すべき人々の生活と、豊かだっ
た自然や文化を記録する。

龍秀美詩集『父音』 母音と対になるのは子音だが、言語学上の歴史を踏まえ、ここでは
母音に対して父音という言葉を当てている。
台湾人の父を持つ著者の、命と発語のルーツ
でもある。歴史と現在を、強く意識している詩人である。「台湾一周カラOKバス」とい
う作品には、表記の間違いが多いという曲名と共に、その時代と風潮を物語る歌詞があぶ
りだされる。資料に基づいた、ユーモアと批評を含む最先端の現代詩である。古くても良
い物事への敬意を失わず、明日を志向する。

清水博司詩集『さあ帰ろう』 表題名は、ブルガリアの映画監督=ステファン・カマンダ
レフの作品の邦題「さあ帰ろう ペダルをこいで」から採っている。〈国家ではなく/家
族と/友だちと/希望と意思と/バックギャモンとともに/深刻にならず/しかし真剣に〉
と書く。バックギャモンとは、世界最古のすごろく、といえるゲームのことである。また、
「言葉つむぐ人」という作品は、恩師の教えを思う作品だ。〈もう/言葉によって/語る
べきものが/世界から失われた/ということか/それとも/まだ/言葉によって紡がれる
世界があるのか〉と、〈崩れかけるぼくに〉問う。意味や価値観を共用する言葉よりも、
身勝手な振舞いや力の横暴が目立つ昨今にあって、あるべき処への帰還を願う。平和な日
常を、取り戻すために。

川中子義勝詩集『魚の影 鳥の影』 「魚の影」という詩は、〈手作りの銛を携え/額か
ら汗を滴らせて/子どもは川から帰ってくる/目にしたばかりの出来事に/心を捉えられ
俯いて〉と書き出される。鳥や魚のいる環境に育った人は、大人になってからも長いこと
魚影や鳥の夢を見るものだ。古代の洞窟壁画に残された動物たちのような、失われたもの
や滅びゆくものへの、悔いと願いがある。心に残る言葉を噛み砕き、反芻していく。

勝嶋啓太詩集『今夜はいつも星が多いみたいだ』 句読点のない分かち書きが、読みやす
い。場面や息継ぎが明確なのは、映画や演劇の表現者でもある著者の、自然な形なのであ
る。短編小説という観点からは、星新一が連想される。広く、人々の日常を知り、多くの
人々が感じているのに表現できなかったことを、詩として次々に発表している。その活動
には、自然さとバイタリティーがある。「大福と少年」「小さな黄色い花の思い出」「S
さんのこと」などの作品には、心の深さと強さが窺われる。

柳生じゅん子詩集『友だちと鈴虫』 「クラゲになろう」は、〈クラゲが あんなに軽く
泳げるのは/
分(よぶん)なものは持たないからだ/まっすぐな背骨(せぼね)(みば
え)がする(ちにく)などなくたって/ふんわりと ただ/生きたいこころだけになって
(しおかぜ)に 遊んでいる〉と書く。命の多様性と不思議を、柔らかな言葉で表現
している。ふりがなが多いのは、こどもにも読めるようにとの配慮であり、優れた少年詩
でもある。

尾崎義久詩集『ツメをたてながら』 表題作は、〈骨骨骨骨 戦後七十年/ツメをたてな
がら/この世じゃ言っちゃいけないことを/こつこつこつこつ ひたむきに言ってみる〉
と書き出される。山野に苔むしていくだけの戦争の死を思いつつ、こつこつと、詩という
形で言いたいことを書き続けている。あっさりとやめてしまうことが多い時代に、二十歳
での第一詩集『どぶ川ブルース』から三十五後の今日まで、その意思と姿勢は、変わらな
い。自身の口調で、時代と生き方の原点から言葉を発し続けている。

瀧葉子詩集『孤愁』 一九三〇年の東京生まれで、栃木県に在住の詩人だ。近辺に生息す
る植物や昆虫などを観察しつつ、自身と世界の現在を見つめる。「七十一年後に」では、
〈身の 右側三十糎あたり/ぱらぱら と 薬莢が/柵を切って落ちていった/グラマン
機は向きを変え/唸りながら南方に 消えた/「その時 死んでいたら」/娘は 言った
/「私は 居ない/子も 孫も/みんな居なかったね」〉、と記す。

平井達也詩集『積雪前夜』 日々を真面目に生きる社会人の、冷静さと批評眼を持った作
品である。「ネクタイ」という詩には、毎日の窮屈さに耐えていく知恵や、流されずに生
きる確かな自我が存在する。「積雪前夜」の備えや注意と共に、黙々と明日に向かう人々
がいる。〈何で取ったかわからないスープみたいな街に暮らしている〉と書き出す「茹で
麺」における比喩は、スケールの大きい働く人の表現である。

小高恒詩集『虹の足』 著者名は、〈おだかひさし〉と読む。表題作「虹の足」は、〈虹
の足を見た/虹の足は白い竜のようである〉と書き出される。虹という自然現象は、確か
に自然の不思議や希望を想わせるが、人々の足元も大事なことだ。現実には円形の虹も存
在するが、それに反して歪む世界は、どのように折り合いをつけていくのだろう。

冨上芳秀詩集『恥ずかしい建築』 〈この国では食事の前に咀嚼の練習として/ゴムを噛
むのがマナーになっています〉と始まる「生ゴム生活」の他、「バナナ」などの作品に、
言葉あそびに終わらない人間社会への批評がある。路上に限らず床にガムを吐き捨てるよ
うな現状もある中で、言葉と意味をシフトさせ、ユーモアのある詩を書いている。

下地ヒロユキ詩集『読みづらい文字』 宮古島の詩人である。「言語のように」の冒頭は
〈たそがれると聞こえてくる。どこか遠い林の陰の奥、コノハズクのこと葉〉と始まる。
夜に「ブッポウソウ」と鳴くのが、実はコノハズクで、ブッポウソウは「ゲッゲッゲッ」
と鳴く、という有名な解明話がある。見た目は明らかに違うのに、聞こえからの誤解だっ
たように、真実は見え難い。分かり難さを自覚し言葉の海に向かう。本当はどうなのか、
深く潜行していく。文字が、事かどうか。

橋浦洋志詩集『染礼』 「遺品」という印象的な詩がある。〈太陽の 槌に 叩かれて 
魂が 反る/千年の/井戸の 底が 乾く〉と書き出す。広大な時空を背景として、独特
の深い思索から生まれた作品である。また、「影」という詩の一連目には、〈白い紙の上
に ひと粒の 種をのせる/種にも 舞い姿が あるのだろう/高みから 地上までの 
時をさえ/芳醇に 生ききろうと 落下するのだから〉と思いを深める。

『新編 甲田四郎詩集』 〈新・日本現代詩文庫〉の一三〇冊目である。詩集『陣場金次
郎洋品店の夏』、『くらやみ坂』、『冬の薄日の怒りうどん』、『送信』からの作品を収
録している。著者には、下町っ子の活発さと共に、現代人の真っ直ぐな主張がある。庶民
の言葉で正直に、現状や考えを文学作品に練り上げている。

『詩と文学の未来へ向けて―水崎野里子エッセイ集19952016 「石原吉郎・太宰治・
椎名麟三」「マイノリティと海外交流」「日本の詩歌の未来へ向けて」「旅と詩とエッセ
イと」の四部に分け、国内外の多岐にわたる文学に関する評論やエッセイを集めている。
五〇〇頁を超える、近年の著者の活動の集成である。